04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

愉快なcounter-strike:sraw

  // 

主にcs:sのテクニックや、勝手な超理論を載せていく予定です。あまりnegitakuなどでは海外のCS:S事情について触れていないので、そのあたりの紹介もしていきたいと思います

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

カバーする人される人の考え方 

カバーをする人間とされる側の人間はどういった考えで動くべきなのかを僕なりに書くことにします

一応僕はカバーをすることも前線でkillを取りに行くこともするのですが、AIMがよくないので基本的にはカバーに回ることの多い人間です
ですので今回書く記事はかなりカバーする側の言い分になると思いますので「ふーん」くらいに思っていただければいいと思います


以前僕の記事でカバーに付いて記事を書いたときにコメントしていただいた方とこんなやりとりを行いました


No title

カバーはする方とされる方の両方の動きがあわないと難しい
する方ばかりに気がいくことが多いけど
してもらう時の動きも難しい
両方の意思疎通をはっきりさせておかないとね
あとは個人技のLVが高ければ高い程カバーの幅は広がりますね

by nonameさん






NoNameさんへ

両方の意思疎通、個人技のLV等大筋は僕も同じ意見ですが細かいところは若干僕の考えと異なります。
その辺は恐らく個人の考えの違いなんでしょう。
随時そのあたりも書いていく予定です。
ただあくまでこの超理論は僕のオナニーみたいな物なのであまりマジに聞かなくてもいいかもしれません。

自分の考えを大切にしましょう。




と・・・


僕としては"カバーされる側"は「何も考えなくていい」とすら思っています。

"カバーされる側"はひたすらAIMのみに集中し、退きたいときは退く、突っ込みたいときは突っ込む。
とにかく好きなように動いていい、そう思っていますしチームメンバーにも言っています。

理由としては「投げ物とか細かいクリアリングとかは全部"カバーする奴"がやるから、目の前に集中しろ」ということです。


当然カバーする人間には負担がかなりかかる戦い方になると思います。



※ここでされる側はアタッカー、する側はフォロワーにします

フォロワーのやることは




・アタッカーの見ていない部分に意識を集中する。
・アタッカーの押し、引き、に合わせて付かず、離れず、を行う
・投げ物を状況に合わせて投げる

そしてここが一番重要

アタッカーを殺させない。殺された場合、絶対にその相手を殺し返す

これが重要です。




アタッカーがやられてその殺した相手をフォロワーが倒せなかったらフォロワーのミスだと思っています。

アタッカーはやられても仕方ない人、フォロワーはやられてはいけない人です。



つまりフォロワーとして何が言いたいかというと

「こまけえこたぁ俺に任せてお前は目の前に集中しろ!」

みたいな事が言いたいし、言えないとダメです。


次回は具体的にカバーするされる際のお互いの距離や見る場所などを書きたいと思います
超理論  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://srawedin.blog100.fc2.com/tb.php/14-72484587
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。